ミュージック

ドラムを始めたい方へ!予算・環境別おすすめの方法をお教えします。

 

家でできる楽器を始めたい!

 

独学でも大丈夫?お金は?何を買ったらいい?

ドラムってほかの楽器より始めるハードル高そう....。

 

そんなお悩みを持つ方々に、ご自宅の環境・予算別で準備するものをお教えします!

 

そもそも家でドラムは練習できる?

 

サボテン
家でドラムなんて練習できるの?

 

大丈夫!できますよ。

ただ、家の環境によっては配慮が必要な場合があります

 

私も電子ドラムを使っていますが、防音対策しています。

ですが、マンションやアパートに住んでいる人だと電子ドラムは少し厳しいかもしれません。

 

騒音や振動でトラブルになる可能性があります。

 

サボテン
じゃあどうしたらいいの?

 

①マンションやアパートなどで騒音が気になる方・予算が1万以下の方におすすめのドラムの始め方

 

ずばり、ドラムの練習パッドをおすすめします。

 

こちらは我が家の YAMAHA ドラム トレーニングパッド TS01S です。

 

サボテン
何それ?そんなので練習になるの?

 

はい。

 

自宅でこの練習パッドを使って練習し、お休みの日などにスタジオに行ってドラムで実践するという方法になります。

 

今では、練習パッド専用の教則本なんかもありますし、自宅で大きな音を立てられない人にはおすすめの練習方法です。

 

サボテン
で、騒音のほうは?サイズとかも邪魔にならない?

 

基本的にはコンパクトですし、消音性は電子ドラムに比べてかなり高いです。

私も夜間や早朝などはこのヤマハの練習パッドを使って練習しています。

 

それでも騒音が気になるようならタオルなどを上からかぶせたりウレタンの素材のものを選ぶとよいでしょう。

 

必要なものは?

 

こちらの練習パッドを選択する方は、

 

①練習パッド

②ドラムスティック

③スツール(なくても大丈夫)

 

の3点を用意すれば大丈夫です!

 

コスト的には、

 

練習パッドが2,000円~6,000円

スティックは1,000円~2,000円なので

 

5000円前後でドラムの練習が始められますね!

 

サボテン
もっと本格的に練習したいんだけど...。

 

そんな人には次で電子ドラムを解説していきます。

 

②騒音はある程度気にしなくて大丈夫!もう少しお金を出せる方向けおすすめのドラムの始め方

 

サボテン
騒音を気にしなくていい人なんている?

 

うーん、基本的には一軒家とかマンションでも一階とかに住んでいる人ですかね。

あとは日中に練習する人、本格的に始めたい人にはこちらの方法をおすすめします。

 

サボテン
何つかうの?

 

電子ドラムです。

 

電子ドラムとは?

電子ドラムは下にある写真のように全体的に黒い見た目をしています。

この黒いパッドをたたくとその振動を検知し、その振動がコードから音源モジュールを通じてヘッドフォンがスピーカーから音源として出力されます。

 

基本的にどのドラムセットでも音源モジュールが数十~数百あります。

中にはドラム以外の和太鼓のような音やEDMのような音まで選択することができます。

 

基本的に自宅ではヘッドフォンを使うので、

ヘッドフォンを使わないとゴムのパッドをたたくカツッ、キックペダルを踏んだドンッという音のみ聞こえる形ですね。

 

なお、キックペダルは騒音対策で実際にバスドラムをたたかないタイプもあります。

 

これは我が家の PLAYTECH PDS-250II です。 (25,000円くらいです。)

 

必要なものは?

 

こちらの電子ドラムを選択する方は、

 

①電子ドラム

②ドラムスティック

③スツール(ドラムをたたく椅子)

④キックペダル(電子ドラムのセットに含まれている場合もある)

⑤ヘッドフォン

⑥防音対策のマットorマット

 

 

の5点を用意すれば大丈夫です。

 

コスト的には、

 

電子ドラム20,000円~

スティック1000円~2000円

スツール3,000円~10,000円

キックペダル10,000円~30,000円

ヘッドフォン3,000円~10000円

防音マット10,000円~/マットなら2000円

 

くらいになります。

 

総額だと最低でも30,000円~くらいになりますね。

 

サボテン
高い!

 

そうですよね...。

選ぶ電子ドラムによっては10万円こえてくるものもあるので、ちょっと手が出しにくいイメージですよね。

 

サボテン
10万!?そんな出せないって。でも、そんな高い電子ドラムがあるのに2万のもので大丈夫なの?

 

安い電子ドラムで大丈夫?

結論から言うと、大丈夫です

ですが、

 

もともとドラム経験がある。

今後本物のドラムを使って練習したい。

 

というような方には、3万円台の電子ドラムはおすすめしません。

3万円台の電子ドラムは音はしっかりなりますが、反応が悪い時があります。

そのため、かなり強くたたく癖がついてしまうからです。

 

あくまで、

 

趣味でやりたい。

全くの初心者である。

 

という方のみにおすすめします。

 

もしお金に余裕がある方や、今後もドラムを続けたい!という方は

ヤマハローランド

あたりをおすすめします。

 

これは我が家の PLAYTECH PDS-250II です。

趣味でやるなら値段にしては十分な出来だと思います。

 

注意することは?

どの電子ドラムを選んでもマットは引きましょう

床が傷つきます。笑

 

 

キックペダルのねじが床に刺さりました...。

 

サボテン
あーあ。

 

電子ドラムを組み立てるときにもひいてから組み立てください。

上の写真のように床が傷つきます…。

 

また、同居している方がいる場合や、

2階に設置する場合などは防音対策が必須になってきます

 

そんな人には防音マットをおすすめします。

こちらは防音カーペットの「静床ライト」 50㎝×50cm

 

10枚入り11000円です。

 

電子ドラムの下に引くのに、6~7枚使うので10枚入りを買っておけば間違いないです。

 

これをひいてから家族に文句を言われることが少なくなりました。笑

 

みなさんも防音対策をお忘れなく!!!

 

サボテン
ふーん。検討してみるわ。

 

是非是非!皆さんもドラムを始めたい人は検討してみてください。

 

 

 

-ミュージック

© 2022 森に住まうサボテン。