雑記

【競馬予想】秋華賞2021の過去10年の特徴と上位人気馬考察 本命は?ユーバーレーベンは消し?

 

今週は、阪神競馬場で行われる秋華賞(芝2000m)が開催されます。

 

先々週はスプリンターズステークスで本命ビアンフェとともに心中し、さっそく父に1万円差をつけられてしまいましたが気持ちを切り替えて頑張ります!

 

秋華賞のデータ、展開予想が知りたい方におすすめの記事です。

 

1.秋華賞の過去10年3着以内の要注意データ

 

まずは展開予想の前に、過去10年のデータを分析し要注意馬を探したいと思います。

 

①春の二冠で5着以下の3着内率4.9%

 

桜花賞、オークスどちらかに出走していて5着以下の場合、秋華賞での3着以内は過去10年で4.9%とかなり低い割合です。

 

上記のデータで今回の該当馬は、

1 スルーセブンシーズ

2 ステラリア

3 クールキャット

6 スライリー

8 エンスージアズム

13 ホウオウイクセル

14 ファインルージュ

 

となっています。

 

スルーセブンシーズは紫苑Sで2着、ファインルージュは紫苑Sで1着なのでなかなか切りづらいですが、他の該当馬は要注意かもしれません。

 

②前走5着以下

 

前走の着順別成績は、3着以内馬30頭中28頭が前走で5着以内と、前走5着以下は要注意となっています。

 

上記のデータで今回の該当馬は、

2 ステラリア

3 クールキャット

6 スライリー

8 エンスージアズム

13 ホウオウイクセル

 

まさかの上記①のスルーセブンシーズ、ファインルージュ以外は該当という結果に。

 

③栗東所属ではない

 

関西で行われるレースのため、栗東所属組が優勢となっています。

 

今回上位人気のファインルージュ、アカイトリノムスメ、ユーバーレーベンは美浦所属。

ソダシに追い風の予感ですね。

 

 

2.人気馬考察

 

10月16日現在、単勝・複勝オッズは

 

ソダシ            2.0

ファインルージュ                  6.0

アンドヴァラナウト              8.2

アカイトリノムスメ              8.2

ユーバーレーベン                  9.0

 

となっています。

 

ここからこの上記5頭人気馬を考察していきたいと思います。

 

①ソダシ

 

多分競馬知らない人でも名前くらいは知っているであろうソダシ。

オークスではユーバーレーベンに冠を譲るも、次走札幌記念では見事レースを制しました。

 

心配されていた距離適性ですが、札幌記念の芝2,000mのレースを制したことでかなりその不安が軽減されました。

ハンデ戦だったので斤量52㎏、平坦なコースだったというのが心配ではありますが、阪神レース場、右回りの経験も多く一番人気の期待に応えるレースをしてくれるはず。

 

しかも2枠4番というまさかの桜花賞と同じ枠番を引き当てました。

 

天候が心配されていますが、デビュー前にダートでの運用を考えられていた、またクロフネ産駒ということで重馬場になっても問題はなさそうです。

 

筆者の本命はソダシで行きます。

 

②ファインルージュ

 

鞍上をルメール騎手に乗り換えたファインルージュ。

桜花賞では3着と見事な差しを見せましたが、オークスでは11着となってしまいます。

しかし紫苑Sでは堂々1着に返り咲き。

 

ルメール騎手ともレース経験がありますし、稍重でのレース経験もあるので有力馬になるのではないでしょうか。

 

内枠有利なレース場で7枠、また今回は直線が短いというのが心配なところですがルメール騎手に任せれば3着以内は堅いと思っています。(笑)

 

あとは当日の輸送による体重増減で判断したいと思います。

 

③アンドヴァラナウト

 

良血統な上がり馬アンドヴァラナウト。

今回推していこうと思ったらまさかの3番人気に(10月16日時点)。

 

ローズSを制し、稍重での経験もあり。

現在2連勝ですし買っておいて間違いはなさそうです。

 

栗東所属ですし、輸送も心配ないのが推しポイント高。

 

右回りのレース経験もあり、筆者的にはアカイトリノムスメ、ユーバーレーベンより買いだと思っています。

 

④アカイトリノムスメ

 

母アパパネが赤い鳥という意味だからアカイトリノムスメということを最近知りました。(笑)

 

春の二冠では桜花賞4着、オークス2着と安定した走りを見せてくれました。

 

ユーバーレーベンと同じく4カ月の休養明けというのと、右回りの経験がないのが若干心配要素となっています。

 

輸送も経験済みですし、そこは心配なさそうですが休養明けなので当日の様子見で決めたいと思います。

 

⑤ユーバーレーベン

 

シロイアレノムスメ(ゴールドシップ)などと呼ばれているオークス馬。

オークスの時は筆者に軍資金をもたらしてくれた推し馬の1頭です。

 

ですが筆者的にはオークスは2,400mと長かったため差しが決まったのかなと、今回は慎重に見ています。

 

右回りの優勝経験がないのと、怪我明けの調整で急ピッチだったのも不安要素。

 

美浦所属のため輸送もありますし、当日の様子を見て判断しますが今回は買わない方向で考えている1頭です。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

牝馬三冠も今年はこれで最後。

ソダシが勝つか、ユーバーレーベンが勝つか、はたまたファインルージュ、アカイトリノムスメが勝つか。

上がり馬アンドヴァラナウトが勝つか....。

 

阪神レース場で行われる今回の秋華賞。

 

誰が勝つか楽しみですね。

筆者も、父との差を埋められるよう頑張ります!

 

-雑記

© 2022 森に住まうサボテン。